【タイプ別子育てのコツ】子どもの心に自己重要感を育てたいならば… | ホメホメくじら・ポーヤン
2016.1.20
8

【タイプ別子育てのコツ】子どもの心に自己重要感を育てたいならば…

こんにちは。
ホメホメくじらポーヤンのクララです。

 

 

 

昔買った本*を取り出してパラパラめくったら
*「アメリカインディアンの教え」
子供をからかうことの罪が書かれていました。

 

FullSizeRender (26)

 

人間の最も大切な願望の一つに
「自己重要感」がある。
それは、自分が社会や誰かにとって
必要とされていると感じること。

 

 

からかったり冷やかしたりすることは、
この「自己重要感」に傷をつけること。

 

 

 

親が子をからかっておきながら、
意欲的な人間になってほしいというのは、
「手足を縛って水に放りこんで
ちゃんと泳げというようなものだ」

手厳しいですね。
でも、ほんとにそう。。
子どもたちは、からかわれるのはキライです。

 

 

 

でも、大人はつい子どもをからかう。

そして、大人からからかわれた子は、
友だちや兄弟をからかい嘲笑う。

 

 

そうやって大人から子どもまで
お互いの自己重要感を傷つけあっているのは
健全ではありませんね。

 

 

 

そう言われても、
鈍感になっている人は全く気づかないようです。
しつこく子どもをからかっている大人を時々見かけます。

 

 

何が悪いの?
愛情あってからかっているんだから~
と思っているかもしれませんね。

 

 

 

かく言う私も身に覚えがあって、
つい可愛くてからかってしまうことがある。。。
けれど子どもにすれば、
上からバカにされているような感じみたいです。
ムッとした顔をします。

 

 

だから、からかいは、
ちょっと歪んだ愛の表現かなって思います。

 

 

 

だって、、
部下を嘲笑する上司とか、イヤじゃありませんか?
注意したいならストレートにすれば良いのに…
叱るときはストレートに叱った方が本人のため。
叱るでも注意でもなく、
ただ嘲笑する人って人から嫌がられるでしょう?

 

 

 

大人がされてイヤなことは子どもにもしない。
ねっ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 関連する記事は見当たりません。

「ホメホメくじら・ポーヤン」とは

子ども〜大人まで地球の仲間皆が、その人らしく輝いて幸せであってほしい!という思いから「ホメホメくじらポーヤン」は生まれました。 

Self-worth educationとは、長所・短所を含めた‘私らしさ’全て価値あるものにしていく自己価値創造教育。 ‘私らしさをウリ’に輝いていけるようなナイスな情報と楽しい授業(ワークショップ等)を提供していきます。


詳しくはこちらをご覧ください。