【タイプ別子育てのコツ】子どもの脳を発達させるおもちゃと遊び | ホメホメくじら・ポーヤン
2016.2.10
omocha_kataduke

【タイプ別子育てのコツ】子どもの脳を発達させるおもちゃと遊び

こんにちは。
ホメホメくじらポーヤンのクララです。

 

 

今日は、おもちゃの話をします。
ときどき、
ここはおもちゃ屋さん?って思う程
おもちゃを揃えているお宅があります。

 

 

子どものかと思ったら
ペット用のものだったりすることもありますが、
おもちゃって何のためにあるでしょう?
子どもにとってもペットにとっても
おもちゃは、脳を育てていく道具です。

 

 

 

そういう観点から、私が良いおもちゃと思うのは
●手指をいっぱい使うおもちゃ
●五感を豊かにするおもちゃ
●想像力を働かせる余地のあるおもちゃ(できすぎていない)
それと、
大人はおもちゃ屋さんで売っているものがおもちゃだ
~と思っていますが、
子どもにとっては家にある全ての道具がおもちゃです。

 

 

 

先日、
2才の子の目の前で新聞紙を
「クチャクチャクチャ~」と丸めてみたら、

同じように
『クチャクチャ~』と言いながら
小さな手で新聞紙を上手に丸めるのです。

 

 

その新聞紙を「ポーン」と投げてみたら、
やはり真似して『ポーン』と投げてくる。

 

 

しばらくすると
丸めた新聞紙が広がってきたので
「ギュッギュッ」と両手で圧縮すると
すぐさま『ギュッギュッ』

 

 

 

ね、新聞紙も立派なおもちゃです。

 

 

 

この子だけでなく、
次はこの子の何を引き出そうか?と考えている
私の脳も活発に働いているのです。
だから、私も楽しい。

 

 

そして、
相互の間にはエネルギーが淀みなく流れています。

 

 

 

コレ、子どもの心の成長にはとっても大切なことです。

 

 

 

私も、自分の子どもの時は
子どもの遊びに付き合うことが苦手でしたが、
それは、
何のためのおもちゃか?
何のために遊ぶのか?理解してなかったからです。
子どもの遊びに無理矢理付き合うのではなく、
一日に少しの時間で良いから、
お子さんの成長に注目して遊びを提案し、
一緒にエネルギーを回してみてください。

 

 

 

お互いに満足がいくと思いますよ!

 

FullSizeRender (27)

 

   (自分の足だっておもちゃです)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 関連する記事は見当たりません。

「ホメホメくじら・ポーヤン」とは

子ども〜大人まで地球の仲間皆が、その人らしく輝いて幸せであってほしい!という思いから「ホメホメくじらポーヤン」は生まれました。 

Self-worth educationとは、長所・短所を含めた‘私らしさ’全て価値あるものにしていく自己価値創造教育。 ‘私らしさをウリ’に輝いていけるようなナイスな情報と楽しい授業(ワークショップ等)を提供していきます。


詳しくはこちらをご覧ください。