【タイプ別子育てのコツ】まねっこは子どもの学習力の源! | ホメホメくじら・ポーヤン
2016.2.12
asobi_omamagoto

【タイプ別子育てのコツ】まねっこは子どもの学習力の源!

こんにちは。
ホメホメくじらポーヤンのクララです。

 
前回おもちゃの話をしましたが、
今日はその関連でまねっこの話をします。
子どもは、まねっこがとても上手ですね?
良い悪いの判断なく、見たもの聞いたもの、そのまままねします。

 

 

 

模倣は、子どもの遊びの重要な要素。
まねることで、子どもは外の世界を吸収し学習していくのです。

 
おままごとは、その最たるものですね?
お母さんの動作、声色、言い回し、そっくりまねされます。
それで気恥ずかしい思いをした大人も多いと思います。

 
うちの息子が3歳の頃です。
おじいちゃんの運転する車の前に乱暴な車が割り込んできました。
すると、後部座席に座っていた息子が間髪入れず
コンニャロー!

 

 

次の瞬間、私とおばあちゃんは大爆笑。
おじいちゃんは耳まで真っ赤でした。

 

 

「コノヤロー!」は車に乗ったときのおじいちゃんの口癖。
車に乗ると性格が荒っぽくなるのです。

 

 

息子は、それまでおじいちゃんの口癖と使うべき場面を学習して、
ここ一番!で使ったのです。
その他にも、
幼い息子は、周囲の人をいろいろまねしていきました。

 

 

お父さんが新聞を読むと自分も新聞を広げ、
近所のお家を建てていた大工さんの姿を見ると、自分もズボンに手を突っ込んで
ヨー! ヨーッ!

 

子どもは職人さんが大好きです。
まねっこの宝庫だから。
職人さんではないけれど、
姪っ子は小さいとき、腰パン&うんこ座りのおにーさんたちに憧れ、
電車のドアにたむろしている彼らの隣に行って同じようにうんこ座りをしたそうです。

おにーさんたち、居心地悪くなってスッと立ち上がったそうです。

幼い子の純真な心の力ってすごいですね!

 

 

こんな模倣ばかりではなく、
お掃除、料理、くつみがき…
どれもこれも、子どものまねっこ遊びです。

 

 

 

まねっこは、こどもの大切な学習力。
いっぱいまねさせてあげてくださいね。

 

asobi_omamagoto

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 関連する記事は見当たりません。

「ホメホメくじら・ポーヤン」とは

子ども〜大人まで地球の仲間皆が、その人らしく輝いて幸せであってほしい!という思いから「ホメホメくじらポーヤン」は生まれました。 

Self-worth educationとは、長所・短所を含めた‘私らしさ’全て価値あるものにしていく自己価値創造教育。 ‘私らしさをウリ’に輝いていけるようなナイスな情報と楽しい授業(ワークショップ等)を提供していきます。


詳しくはこちらをご覧ください。