【アートコミュニケーション】自分を客観的に眺めることができるお助けツール「ゆびと」 | ホメホメくじら・ポーヤン
2016.4.7
kiki&tubu4

【アートコミュニケーション】自分を客観的に眺めることができるお助けツール「ゆびと」

こんにちは。
ホメホメくじらポーヤンのクララです。

 

今日は、心のつぶやきを代弁してくれ、
そのつぶやきを聞いてもくれる
「ゆびと」を紹介します。

 

 

こちらが、つぶやきのゆびとTubu

tubu

 

こちらが、聞き役のゆびとKiki

kiki

 

 

 

どんな風に使うかというと~~~

 

 

 

kiki&tubu

 

koTubu:なんか疲れちゃった…
Kiki:疲れちゃったの?

 

 

Tubu:うん、疲れちゃった
Kiki:疲れちゃったんだね。

 

 

Tubu:なんかね、やることいっぱいあるのに、一日があっという間に過ぎちゃうんだ…
Kiki:一日があっという間に過ぎちゃうんだ?

 

 

Tubu:うん…やることが少しも減らない。
Kiki:やることが減らないの?

 

 

Tubu:うん。。もっと充実した時間を過ごしたいんだけど…
Kiki:?

 

kiki&tubu4

 

Tubu:能力がないのかな?
Kiki:能力がないって感じるの?

 

 

Tubu:うん。そうかな…

 

Tubu:なんかね、余分な考えが多いんだと思う。
Kiki:余分な考え?

 

 

Tubu:うん。
もっと直感力・決断力があったら、処理能力が高くなってさ~
もっと余裕ができるんじゃないかなあ?
Kiki:へえ、そうしたらすごいね?

 

 

Tubu:うん、すごいね。
Kiki: Tubuはさ、きっとそんな風になれるよ。

 

 

Tubu:そうかなあ?
Kiki:うん。人生に解決できない問題はやってこないんだって!

 
~Tubuは、解決策が見えてきてちょっと元気になりました。

 

 

 

自分の問題に取り組むとき、
ゆびとを使うことで自分を客観的に眺めることができるんです。
紙に書いた顔を貼り付けるだけで
簡単に「ゆびと」が作れるので
ぜひやってみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 関連する記事は見当たりません。

「ホメホメくじら・ポーヤン」とは

子ども〜大人まで地球の仲間皆が、その人らしく輝いて幸せであってほしい!という思いから「ホメホメくじらポーヤン」は生まれました。 

Self-worth educationとは、長所・短所を含めた‘私らしさ’全て価値あるものにしていく自己価値創造教育。 ‘私らしさをウリ’に輝いていけるようなナイスな情報と楽しい授業(ワークショップ等)を提供していきます。


詳しくはこちらをご覧ください。