【こんな時どーする?】公園の子どもがうるさいって苦情が来たら… | ホメホメくじら・ポーヤン
2015.10.14
Unknown

【こんな時どーする?】公園の子どもがうるさいって苦情が来たら…

おはようございます。
ホメホメくじらポーヤンのクララです。

 

 

『公園で遊ぶ子どもの声がうるさい』
という苦情が増えているそうですね。

公園に限らず、幼稚園、学校などでも。

 

 

こういう話を聞くと、
自分だって子ども時代があったのに忘れたのかな?
自分勝手だな~と頭にきます。

 

 

試しにネットで検索してみたら
「公園、こども」と2ワード入れただけで、
ハイ出てきました「公園、こども、うるさい」

 

oonawatobi

 

でも、苦情を言う側の記事を読んでみたら、
ちょっと同情したくなるものもありました。

大抵っちもどっち。

子どもの親側ももうちょっと心を配ればいいのに、
って思ってしまった。
(ネットに上がっている記事に関してはね)

 

 

子どもって、何かしらやらかすものです。

私も、ときどきご近所から怒鳴られました。
いくつか紹介します。

 

 

その1.
近所のお祖母ちゃんが丹精込めて育てた野菜を
子どもたちが勝手にもいだ~これは誤解で、
公園で遊んでいた子たちに
「うちの畑においでよ!」
と呼びに来たのはその家の子なのです。

皆の注目を浴びたくて無理しちゃった、ようです。
怒鳴りこんできたのは、お嫁さんであるその子の母親。

お嫁さんの立場になってみれば、、肩身が狭いよね。。

余計なことは言わず、
他のママたちと菓子折り持って謝りに行きました。

 

 

 

その2
近所の男の子たちが力を合わせて
公園の砂場ではないところ(なぜ?!)に
それはそれは大きな落とし穴を掘ってしまった。
しかも、大量の水を投入。

私が見に行ったときには、公園が沼地化してすごい状態!
呆然としていたら背後から怒鳴られ、
振り向くと~お向かいの方が肩を震わせていました。

 

翌日、その方の通報で駆け付けた市の職員が公園に。。

慌てて謝りに行くと、
『大丈夫ですよ。子どもはこれくらい思いっきり遊ばないと。
そのために私たちがいるのですから気にしないでください』

 

それを聞いて、ホーっとしました。
実は、私もそう思っていました。
子どもはこれくらい遊ばなくちゃ!と。

 

子どもに思いっきり遊んで欲しかったから、
ご近所の人に言い返したい言葉を呑んで
頭を下げました。

 

考えてみたらね、
文句を言ってくる人は、悪い人じゃない。

子どもたちに関心を向けてくれている。

それって、ありがたいこと。

安全な社会に欠かせないもの。

無関心よりずっといい。

 

 

親が、潤滑油の役目をうまく果たせば、
丸く収まることっていっぱいあるんじゃないかな?

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 関連する記事は見当たりません。

「ホメホメくじら・ポーヤン」とは

子ども〜大人まで地球の仲間皆が、その人らしく輝いて幸せであってほしい!という思いから「ホメホメくじらポーヤン」は生まれました。 

Self-worth educationとは、長所・短所を含めた‘私らしさ’全て価値あるものにしていく自己価値創造教育。 ‘私らしさをウリ’に輝いていけるようなナイスな情報と楽しい授業(ワークショップ等)を提供していきます。


詳しくはこちらをご覧ください。